最先端の技術で柔軟に対応し、新製品開発をバックアップ。

規格系部品のスタンダード・パーツに対して、特殊部品と呼ばれるオーダーメードのカスタムパーツ。さまざまな材質と多様な加工技術に対応して、カスタマーの新製品開発を強力にバックアップします。

PRODUCT DOMAIN
CUSTOM PARTS
  • 切削部品

丸物・角物など多品種・複雑形状の需要に対応して、少量から製造。金型が不要なため、納期も短縮されます。ミクロン単位の高品質を実現し、安定した供給を確保。寸法公差では、最も精度を出せる加工方法のひとつです。

  • ●主な加工設備/NC複合自動旋盤、マシンニングセンター、エスコマティック
  • 切削部品
    部品写真
    スケール
  • 切削部品
    部品写真
    スケール
  • 切削部品
    部品写真
    スケール
CUSTOM PARTS
  • 圧造部品

金型を要する圧造部品ですが、形状の自由度・寸法公差が向上しており、確かな品質を確保できます。異形部品も可能で、さまざまな材質・大きさ・長さのものまで対応。切削より加工速度が速いので、切削部品からコストダウンするために利用されることもあります。

  • ●主な加工設備/ヘッダー、ナットホーマー、パーツホーマー
  • 圧造部品
    部品写真
    スケール
  • 圧造部品
    部品写真
    スケール
  • 圧造部品
    部品写真
    スケール
CUSTOM PARTS
  • プレス部品
  • バネ部品

単に抜くだけではなく、曲げ・絞り・突起だし・カシメなど、さまざまな工程を重ねることによって、より精密な形状が可能となります。ばね部品では特殊形状・特殊寸法のコイルばね・皿ばね・板ばねに対応します。

  • ●主な加工設備/単発・順送プレス、マルチフォーミング、ワイヤーフォーミング、コイリングマシン
  • プレス部品・バネ部品
    部品写真
    スケール
  • プレス部品・バネ部品
    部品写真
    スケール
  • プレス部品・バネ部品
    部品写真
    スケール
  • CUSTOM PARTS
    • 押出成形部品

    素材に高い圧力を加え、ダイスと呼ばれる金型から押出し、必要な形状の断面を形成します。複雑な形状を造ることができるため、棒材やブロックからの切削加工に対してコストダウンが可能です。

    押出成形部品
    部品写真
    スケール
  • CUSTOM PARTS
    • 樹脂・ゴム成形部品

    各種プラスチック材料(熱可塑性・熱硬化性)・各種ゴム材料に対応した精度の高い成形部品を提供。これらの材料には絶縁性・耐薬品性・弾性など、それぞれの特徴があり、ニーズにあった部品を提供できます。

    樹脂・ゴム成形部品
    部品写真
    スケール
  • CUSTOM PARTS
    • セット品

    ねじやナットなどの部品の袋詰めから、部品を組み合わせたセットでの供給にも対応します。ニーズに合わせた梱包形態や表示識別などご要望にもお応えします。

    セット品
    部品写真
    スケール
  • CUSTOM PARTS
    • 複合部品

    異なる素材を組み合わせることにより、互いのメリットを生かして、軽量化・作業効率化などの優れた性能を実現。また、異なる工法を組み合わせれば、従来では困難だった形状も可能となります。

    複合部品
    部品写真
    スケール
CUSTOM PARTS
  • ダイカスト部品

アルミ、亜鉛などの低融点合金を溶融し、金型に高圧で注入して製造します。複雑な形状の部品を一工程で高精度に生産できるため、大量生産に適しており、大幅なコスト削減が可能です。

  • ダイカスト部品
    部品写真
    スケール
CUSTOM PARTS
  • ロストワックス部品

部品形状をワックス成形し、その成形体を耐火材でコーティングして、ワックスを加熱除去したものが鋳型となります。この鋳型に溶解した金属を流し込んで鋳造。異形状や三次元形状の多品種少量生産で、コスト競争力を発揮します。

  • ロストワックス部品
    部品写真
    スケール
CUSTOM PARTS
  • 焼結部品

金属粉末を金型でプレス成形し、成形体を製作。それを融点以下の温度で焼き固めて部品を製造します。鉄系、ステンレス系など部品用途に応じた材質の選定が可能。精密形状部品を安定的に量産できるのが特徴です。

  • 焼結部品
    部品写真
    スケール